オフィス・サービス向け仕事の見える化・標準化コース

仕事のやり方が決まっていなかったり、判断基準が違っていたりすると、仕事の品質や生産性は悪くなります。仕事の見える化や標準化を行うことで、生産性を高めるとともに、仕事の品質向上をはかることが大切です。このコースでは、オフィス業務の作業手順書の使い方、作業手順書のつくり方、サービス品質基準の使い方、つくり方、異常処置マニュアルの使い方を習得します。

· 2021年2月2日

【対象学習者】
・オフィス業務やサービス業務の見える化や標準化をめざす方
・オフィス業務やサービス業務の見える化や標準化で仕事の品質を向上したい方

【学習時間】約6時間

【コースID】c70060122

コース 内容

すべて開く
オフィス業務の作業手順書の使い方の習得
オフィス業務の作業手順書のつくり方の習得
サービス品質基準の使い方の習得
サービス品質基準のつくり方の習得
異常処置マニュアルの使い方の習得
未入会
受講できません

コース 構成

  • 15 レッスン
  • 5 テスト