【ワークショップ】
発想が変わったと実感!
コンセプチュアルスキルを高める自分改善の進め方 全4回

コンセプチュアルスキルのイメージ

ロジカル/ラテラル/クリティカルの3つのシンキングを高め、正解のない問題や企画に直面した場合でも、物事を理論的・創造的に考えることできる自分に改善するための思考法とポイントを全4回に分けて学習していきます。事例研究や演習なども交えて実践力の習得もめざします。
受講者からの質問などにも可能な限り答えながら個々の課題解決を支援します。

pine

講師:松井順一
コンサルソーシング(株)
代表取締役
エグゼクティブ・コンサルタント

ワークショップで得られるもの

ロジカル・シンキングの習得

主観にとらわれず、客観的かつ論理的にとらえて組み立てる力が得られます。
問題や課題の原因分析から解決策の立案・実行を問題解決ストーリーに沿って行う問題解決力を学ぶことができます。
相手の意見や考えを正確に理解し、論理的に整理・組立を行い、自分の意見や考えを正確に伝える力が養われて、提案力・コミュニケーション力を高めることができます。

ラテラル・シンキングの習得

経験や常識に縛られず、自由な思考で、アイディアや解決策を導き出す力が得られます。
斬新で、ユニークな発想で、現状の行き詰まった課題を解決し、革新を起こす課題解決力を学ぶことができます。
行き詰まった問題の解決、他者を凌駕する競争力あるアイディアを生み出すための視点と思考のポイントを習得できます。

クリティカル・シンキングの習得

目の前の事実を多面的に、批判的に分析し、気づいていない事柄や想定外をあぶり出し、解決する力が得られます。
DCAPサイクルによる検証基点のアプローチによる解決策の客観性と実効性の評価力が身につきます。
異常視点によって、作成されたロジカルシンキングの裏付けと見直し力を高め、相互に補完し連携した問題解決力を習得できます。

プログラム

  • 仕事力を高めるために必要な3つのスキルとその違い
    コンセプチュアルスキルとは~正解のない問題を解決する力
    物事を理論的・創造的に考えることで仕事力を高める方法
    コンセプチュアルスキルの3ステップ~抽象化・定義・具体化
    【演習】コンセプチュアルスキルの3ステップの実践
     
  • コンセプチュアルスキルの3つのシンキング
    主観を排除し論理的にとらえるロジカルシンキングとは
    問題解決ストーリーで結果を生み出す要因を導く論理的思考力を鍛える
    ツリーダイヤグラムで物事の因果関係を体系的に捉える
    【演習】ツリーダイヤグラムで因果関係を整理してみよう
     
  • 常識に縛られず自由な発想のできるラテラルシンキングとは
    プラスとマイナスを入れ替える逆説的発想で常識の壁を超える
    異質を組み合わせて新たな価値を創出する力を鍛える
    他人の視点を取り入れる連想力を高める
    【演習】自分の壁を壊す発想力のトレーニング
     
  • 検証思考を高めて想定外を想定するクリティカルシンキングとは
    事実から学び検証思考を高める方法~DCAPサイクル(OODAループ)
    異常視点で想定外を想定する力を高める
    【演習】DCAPサイクル(OODAループ)をやってみよう

【内容】
仕事力を高めるために必要な3つのスキルとその違い
コンセプチュアルスキルとは~正解のない問題を解決する力
物事を理論的・創造的に考えることで仕事力を高める方法
コンセプチュアルスキルの3ステップ~抽象化・定義・具体化
【演習】コンセプチュアルスキルの3ステップの実践

【開講日時】
2021年7月21日(水)19:30~

【申し込み方法】
下記、「受講申し込みはこちらから」をクリックして申し込みしてください。

【受講方法】
開講3日前までに受講申込者に直接通知

申し込み締め切りは各回開講日の10日前
応募者多数の場合は抽選となります。
抽選結果は開講1週間前に通知します。
申し込みは各回ごとに必要です。

時間
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin